コーヒーブレイク記事「PS3とPS5の画質差ってどうよ」

オーディオファンやビジュアルファンにとってゲーム機もシステムの1台です。特にプレイステーションはコスパの良い再生機の一つです。その中でもPS3は円盤はもちろんデータも再生できるマルチプレイヤーです。今回はDVDおよびブルーレイの差について見てみることにしました。ただし主観的なことしかいいません。

外観の差

PS3と比較するとPS5は本体もリモコンも一回り大きいなぁ。

評価

PS3PS5
解像度
SN
PS3は1080/60p(2k出力)
PS5は4k/60p(4k出力)

映像と音声の評価につかったテレビはBRAVIA KJ-48A9Sです。ケーブル類は付属品使用しておりますが、PS3のみホーリック製のHDMIケーブルを使用です。

『ときめきメモリアル OnlyLove DVD Vol.1』
DVDのアニメです。

【PS3】
映像はアナログ感があり「べたっ」とした傾向です。アニメの絵を描いている線はくずれることなく色味も安定して楽しめます。

音声はややハイ上がりであるもののナチュラルでありとても耳障りの良い音質です。

【PS5】
映像はデジタル感があり「カリっ」とした傾向です。アニメの絵を描いている線も崩れることがなく色味も安定し、透明で抜け感も良く素晴らしいです。

音声はややかっちりしているもののモニターらしい傾向であり作品に集中しやすい音質です。

『世界の街道をゆく Vol.3 「英雄の帰還・ナポレオン街道」 [Blu-ray]』
ブルーレイの風景です。

【PS3】
映像はアナログ感があり「べたっ」とした傾向です。風景の中にある建物や人間の表現はぼやけることなくきちんと再現されています。

音声はややハイ上がりであるもののナチュラルでありとても耳障りの良い音質です。

【PS5】
映像はデジタル感があり「カリっ」とした傾向です。
風景の中にある建物や人間の表現がしっかりと切り分けができているため立体感があります。それでいて透明で抜け感、そしてつやっぽさもあり非常に満足度が高いです。

音声は音声はややかっちりしているもののモニターらしい傾向であり作品に集中しやすい音質です。

総評

PS3とPS5を再生機として見比べてみました。やはり最新のPS5の方がきれいでした。BDはもちろん、DVDも良さそうです。ただ、私のようなマニアにとっては甲乙つけがたく、PS3はアナログ感、PS5はデジタル感、それぞれの要素があり迷ってしまいます。

私はPS3は性能面でPS5に軍配があるものの、何とも言えないアナログ感が好きなんです。なので両方を所有して使い分けるのがベストだと感じられました。

もちろん一般の方がDVDやBD再生専用機として使う分にはPS3で十分ですし、これは4K時代の今日でも同様です。じゃあ専用機として使う方がPS5を選ぶ理由は……..

①新しいブルーレイ(UHD等)やVODが見たい
②ちょっとでも画質を良くしたい

ということかと思います。じゃなければあえてPS5を買わずにPS3を使い続けるか、PS3を1万円ぐらいの中古を買う方が良さそうに思えます。今回は非常に勉強になりました。

ちなみに、一般人であれば見比べて分かる程度であり、映像ファンやオーディオマニア等でなければ分からないかもしれません。今でもDVDならPS3が専用機だと思っていましたが、まだまだPS3はイケます。

PlayStation 5 (CFI-1200A01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥78,000(2024/04/14 15:53時点)

コメント