ソニーのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4

2021年6月25日に発売した、ソニー傑作イヤホンWF-1000XM4を使う機会があったのでレビューすることになりました。

ソニーと言えば、ノイズキャンセリングの老舗、恐らく、ノイズキャンセリングのイヤホン/ヘッドフォンはBOSEと肩を並べる二大巨頭です。

ソニー商品ページより引用

仕様

へッドホン部 *1
型式密閉, ダイナミック
ドライバーユニット6 mm
マグネット高磁力ネオジウムマグネット
質量 *2約7.3 g x2
ヘッドホン部(その他)
電源Li-ion
充電時間約1.5時間
充電方法USB充電(ケース使用)、ワイヤレス充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間)最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間(連続通話時間)最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ)
マイクロホン部
型式MEMS
指向特性全指向性
付属品
USBケーブルUSB Type-C™ cable
Bluetooth
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル *3A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック *4SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling) 20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)
ソニーホームページから引用
  • *1レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます
  • *2コードは含みません
  • *3Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです
  • *4音声圧縮変換方式のこと

外観

今回のパッケージから、環境に配慮したサスティナブルパッケージが採用されました。これもソニー自社開発らしく、紙素材は「オリジナルブレンドマテリアル」という名称らしい。パッケージまで開発するソニーの企業努力はさすがです。

開封すると、箱が開きます。

帯をとった状態です。1000X SERIESと刻印されています。インクを使わないエンボス加工になっており、これも環境に配慮した仕様となります。

使い方はイラストで完結、4STEPで簡単に接続ができます。アプリのダウンロードはQRコードで、だるい文字を読む必要がありません。

4STEPの説明書は「蓋」になっており、外すと付属品がでてきます。

Type-Cの充電ケーブルです。

イヤーピースはSとLが付属します。なおMサイズはあらかじめ、本体についております。

これらの使い方ガイドは先程の説明書の「蓋」内部に入っております。

本体の登場です。表面がサラサラしており高級感があります。

WF-1000XM3と比較すると、一回り小さくなりました。そしてこの縁取りしたような「まーるい」デザインがかわいらしいです。

蓋をあけるとイヤホンがでてきます。イヤホン表面もケースと同様に「さらさら」していてさわり心地が良いです。

充電部分です。

イヤホン本体です。WF-1000XM3よりも形状が「まーるく」なったので耳にフィットしやすいです。

反対側です。

iPhoneと比較するとこのぐらいのサイズ感になります。コンパクトになりました。ポケットにいれても邪魔になりません。

視聴レビュー

『デビュー20周年アルバム THE REWRITTEN MEMORIES』
トラック1:キス・ザ・レイン(オーケストラ版)

ピアノのタッチ感、音の広がり感が感じられました。
微妙な強弱感は集中してきかないとわからなくなるので、そこまでの性能は感じられないですが、ソニーの場合、これ以上「解像度」を高めると聞き疲れすることもあるので、ここはあえて解像度低い方が万人受けしやすいと感じられました。なおWF-1000XM3では聞き疲れしたので、この点はあえてのグッドポイントだと思います。



『OVERS -Sora Amamiya favorite songs-』
トラック11:フライディ・チャイナタウン

ボーカルが中心の曲ですが、背景の楽器群の切り分けがしっかりでていました。ここでも解像度が、決して高いわけではないが、バランスが良いので、位置関係がくみ取れます。音の分析力はしっかりとしています。

総評(ノイズキャンセリング、フィット感なども)

iPhone13に接続して、AmazonMusicを中心に一か月ほど使いました。
音質は全体的にフラットでナチュラル、耳障りがよい音質です。
前作のWF-1000XM3はドンシャリ傾向でしたので、かなりバージョンアップしています。
特に「これと相性が良い」というイヤホンではなく、どれでも万能にこなせます。

ノイズキャンセリング機能もWF-1000XM3よりアップしています。静けさが別物でした。ただイヤーピースを変えてしまうと、遮音性が無くなりますので、ノイズキャンセリングを使いたい人は、純正イヤーピースの使用をおススメします。

通勤時に使っていて便利だったのが、スピークトゥーチャットです。正直WF-1000XM3では使い物になりませんでした。今回のWF-1000XM4は、話しかけると、すぐに音楽はとまってくれますし、外音もしっかりと入れてくれるのでとても良いです。

フィット感もWF-1000XM3と比較すれば、別物です。正直WF-1000XM3を装着して歩くと、自然に落下します。それがWF-1000XM4だとまるで落下しません。極端な話、ジャンプしても落ちません。最高の仕上がりです。

西園寺 正太郎

商業サイトでレビュー記事を書くようになりブログを立ち上げました。好きなジャンルはオーディオとファッション、食べ物はアジの酢〆と土佐醤油

西園寺 正太郎をフォローする
イヤホン
さいおんじさんちのぶろぐ

コメント