洗面所のシャワーを交換したTOTO「TH589-1」

実家の洗面所についているシャワーが壊れました。シャワーの付け根部分にヒビが入り水が溢れます。交換してみることにしました。

ヒビが入って水がもれる様子

交換の準備

交換する際に、実家の洗面所についているシャワーがなんなのか探してみることにしました。

洗面所の右下についている収納スペースに型番が記載されていました。これをもとに対応するシャワーを見つけ出します。

TL481UCFRXB

この型番でAmazonにて検索したところTOTOの「TH589-1」が出てきましたので注文しました。

TOTO「TH589-1」

あとこれだけでは交換できないので、ユニットバスのシャワーを交換したときに注文したHOZANのウォーターポンププライヤー「P-245」も用意しました。

P-245

交換の仕方

まずシャワーヘッドのTH589-1についている付属品を確認します。

箱を開けた時の状態

付属品は本体、清流網、座金、Uパッキン、シールです。なお説明書は付属していません。ネットで探すとこちらにPDFとして図面が出ているのでこちらを参考にしてください。

まず、シャワーを止めて、シャワー部分の付け根部分についているボルトを外します。外す際はホーザンのウォーターポンププライヤー「P-245」を使います。

そのままウォーターポンププライヤーでボルトを外すと、ボルトに傷がつくので、タオルをかまして外してください。

外すとこんな感じになります。なおここのホースも取り替えたい場合はこちらを下記にURLを入れておきます。

シャワーをホースに取り付ける為に、あらかじめシャワーに本体→清流網→座金という順番で入れておきます。

Uパッキンはホースの所にいれますので、古いUパッキンは外しておいてください。別に傷んでなければそのまま流用でもかまいません。外す際はペンチなどあるといいです。念のためおススメのペンチを下記URLに入れておきます。

新しくUパッキンをいれました。

またさっきと同じように、ウォーターポンププライヤーにタオルをかませて固定させます。これでシャワー部分は完了です。

最後にここの案内シールも傷んでいたんで付属していたシールに張り替えます。普通に爪ではがれるのではいでください。

新しくシールをはればすべて完了です。

どうでしょうか?これでまた使えるようになります。素人でも簡単にできますのでぜひ試して頂ければと思います。

西園寺 正太郎

商業サイトでレビュー記事を書くようになりブログを立ち上げました。好きなジャンルはオーディオとファッション、食べ物はアジの酢〆と土佐醤油

西園寺 正太郎をフォローする
DIY
さいおんじさんちのぶろぐ

コメント