モデルチェンジした炊飯器がマジで最高!「炊きたて 土鍋ご泡火炊き JPL-G100」

いつモノコトでレビューした炊飯器「JPL-A100」の後継機種である「JPL-G100」が届いたのでレビューします。というかマジで最高でした!

JPL-G100(エクリュホワイト)

変更点

「JPL-A100」から「JPL-G100」の変更点は下記7点です。

1.「銘柄巧み炊きわけ」も前機種から進化し、70銘柄を炊き分けることが可能になった。

2.木製のおひつを手本にした「おひつ保温」も新たに呼吸回数を増やし、より本物のおひつに。

3.上ぶたが取りやすくなった。

4.計量カップのデザインが変わった。丸形からカクカクした感じに。

5.開くボタンがやや柔らかくなって開けやすくなった。

6.炊飯器の色が変わった。ストーンブラック(JPL-A100)→ミネラルブラック(JPL-G100)

7.炊飯器の色が変わった。コーラルホワイト(JPL-A100)→エクリュホワイト(JPL-G100)

内ブタが外しやすくなった。

感想

「ごはんが美味しい」まさにその一言でした。ただのマイナーチェンジかと思ったら違いました。このJPL-G100で食べる前はJPL-A100が最高だと思いましたが、さらにその上を行きます。具体的にはJPL-A100で感じていたご飯のびちゃびちゃ感がJPL-G100ではなくなり、ちょうどよい水加減になりました。簡単に言うと、よりご飯がたつようになりました。これが良い塩梅でもう手放せなくなりました。

ごはんがたっているし、それでいてふっくら、もう最高デス!

保温に関してはJPL-A100と比べると気持ちよくなったかなぁと思います。メーカーがいう変更点の強み程は感じませんでした。とにかくご飯が美味しければなんでもいいです。

西園寺 正太郎

商業サイトでレビュー記事を書くようになりブログを立ち上げました。好きなジャンルはオーディオとファッション、食べ物はアジの酢〆と土佐醤油

西園寺 正太郎をフォローする
家電
さいおんじさんちのぶろぐ

コメント